クライアントさんのご感想

短期集中型マンツーマン英会話スクールの立ち上げのネット集客サポートの結果

こんにちは! 鈴木貴之です。

埼玉でライザップスタイルの英会話スクールをオープンしたいという女性の方から連絡を受け、全くの0からネット集客の準備をしてきましたが、初めての予約が入りました!

先ほど初の予約がはいりました!
9月15日に初無料レッスンです!!
それに伴い準備を開始していきます!!

うれしかったので、報告をさせていただきました!!

鈴木さんの助けなしにここまで早く連絡が来ることはなかったと思います。

ありがとうございます!

thinky
thinky
嬉しい報告だね。

正直言って、0から立ち上げて3ヶ月でネット集客で結果が出る、しかも高価格帯の内容での結果がでるというのはそう簡単ではありません。

越えなければならないハードルが多いからです。

例えば、すでにホームページやブログがある状態からのスタートだと、URLの年齢がそれなりに立っていますので検索エンジンから評価を受けやすいのです。

しかし、ゼロからのスタートだと「検索エンジンの評価ゼロ」から始めるということです。これはかなり難易度が高いです。

しかも、結構競合が多く、大手のスクールもひしめく場所であるからなおさら・・・。

 

何度が高い教室開業の中で彼女はどう戦ったのか?

その中で、自分が戦えるバトルフィールド(戦場)を見出し、その中でオンリーワンになれるように考えに考え抜くこと。

そしてそれを正確に言葉で伝えられるようになること。

自分の理想の生徒が日々直面している日常や悩んでいること、夢、希望、そういったものを想像し、寄り添い、理解したうえで自分のスクールでの学びがそれにどうつながるのかを考え、正しく伝えること。

そして、理想の生徒さんの属性の人たちがどうやって自分の教室を見つけるかを考え、「見つけてもらえる場所に看板を立てる」こと。

そして自分のホームページの最適化。

 

そういったことを一つ一つクリアしていき、その結果集客導線が完成します。

そしてあとはノウハウに従って記事を書きまくること。

ほとんどの先生はこの「ノウハウに従って記事を書きまくる」で引っかかります。

でもこの先生は違いました。

thinky
thinky
一日にいくつもの記事を書いてくれていたよね。時には君が引くくらい・・・。

ははは。。。

でも、それくらい書いてくれたので、結果が出たのだと私は思います。

でも、本人の頑張りで達成できました。

おめでとうございます!!

 

こちらの先生が申し込まれたサービスはこちらです。

90日間教室集客ブログ作成プロジェクト

 

今後についてのアドバイス

ちなみに、体験レッスン時に大事なのは、「忙しい感じ」出すことです。

決して「今のところ誰も生徒さんがいない雰囲気」を悟られてはいけません。

誰も最初の実験台になりたいとは思わないので・・・。

 

でも、嘘はいけません。聞かれたら正直に答えましょう。でもあえて不安を与える必要もありません。

自分のサービスが相手の為になると本当に思えるのでしたら、それが他の教室に行くよりも絶対に役に立つという確信があるのでしたら、自分のところに通ってもらった方が彼らの為になるからです。

それについて詳しくはこちらの記事でお話しています。

パラオのクジラ島
売られないことによる顧客側の損失こんにちは! 鈴木貴之です。 私は20代の後半約4年の間、パラオの現地旅行会社で勤めていました。 そこでは色々な旅行者の方(...

 

「初めての予約」が「初めての生徒さん」につながりますように!!

 

追伸

2018/9/11追記

同じ先生からまた喜びの声が。

「またまた予約がはいりました! しかもまさにターゲットの人です!」

ターゲット層の人が来るのはそういう人が来るようにノウハウをもとにサイトを作っているからです。

これなしでサイトを作るといろいろなニーズの人が来て大変です(というか、「誰の為のスクール」か分からず集客できていないかも・・・)。

重要なのは、自分と自分の提供しているサービスの「強み」が「どんな人のどんな悩み」を解決するのかを知ること。

その悩みに共感し、その人が最もハッピーになれる手段としてのスクールだと見せることができれば、人は反応します。「ここに行けば自分は変われるかもしれない・・・」と。

つまり、「強み」と「あなたのターゲット層(理想の顧客層)」がマッチングしていることが重要なのです。

 

2018/9/25追記

またまたうれしいご報告が!

また予約入りました〜!!
最近ブログ更新してなかったんで見てくれていた人が新規で一日1-2名しかいなかったのに来ました〜〜^_^

彼女のスクールは価格帯が高いので、申し込みまでの顧客心理としてハードルが高いのですが、短期間に二人に来てもらっているということ、そしてブログ訪問者の少なさから考えると、スクールブログの内部対策はしっかりいっているということです。

(そうでなければ少ないアクセスから結果が出ることはありません)

ということは、濃い見込み客のアクセスを流すことができるようになれば、より生徒さんを集めることができるようになるということです。

これからが楽しみになってきました。^^

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です