集客は集めるから集まるの時代へ

治療院集客は量か質か? 【自費治療を増やしたい治療院の為の集客講座04】

こんにちは! 鈴木貴之です。

前回の記事では、戦略がなく集客をすると、必ず壁にぶつかります。そうなると、忙しいけど儲からない、自転車操業ともいうべき状況に陥ります。そこには事業を所有する楽しみはなく、自分が開いた治療院が死なせないためだけに働くという状況に陥ります、と言うお話をしました。

あなたは事業を所有するのではなく、事業に所有されていないか?【自費治療を増やしたい治療院の為の集客講座03】こんにちは! 鈴木貴之です。 前回の記事では、広告の営業と治療院の先生の間には埋められない考え方の溝があるというお話をしました。そ...

この記事では、事業を所有していく為にはどうしたら良いかという観点からお話をしていきたいと思います。

その為に必要なことを「量と質」という観点からお伝えします。

 

このサイトのノウハウを使って集客するとあなたの院に起こる変化

この記事シリーズ、そしてサイトを通して治療院の経営者であるあなたに得てもらいたいものは、効果的に集客をしていくことにより事業からの独立です。

言い方を変えると、事業を運営するために日々やらなければならないことをこなす時間をだんだんと減らしていき、あなたが経営者として本当にしなければならないことに集中できるようになる。こういう状態を目指していきます。

 

その為に重要な考え方のひとつが、「量と質」に対する理解です。

特に集客に関して言えば、最も大事な「量と質」は顧客の量と質です。

治療院で集客していくのに顧客の「量」が大事なのか、「質」が大事なのか?

あなたはどちらが大事だと思いますか?

 

結論を言うと、私は「質」が最も大事だと思います。

 

なぜなら、量を追い求めた院がたどり着く未来は、量をこなすために流れ作業になったり、やっつけ仕事になったり、一人一人へのケアがおざなりになってしまうという未来です。

その未来には「安定」はありません。

顧客の離脱率が高いので、リピートが生まれず、いつも新規を追い求めないといけないからです。しかし、量をこなすために自院の質が低くなっている為、新規が来ても来ても手から零れ落ちていってしまう・・・そんな状況にすぐに陥ってしまうでしょう。

あなたが安定した経営をしたいというのであれば、「質」について深く考えなければなりません。

なぜ患者さんは他の院ではなくあなたのところに来て、治療を受けないといけないのでしょうか?

あなたが「この人には全力を尽くして良くなってもらいたい」と思う患者さんはどういう人ですか?

あなたが顧客のことを知れば知るほど、そしてどういう人があなたにとって理想の顧客であるかどうかを知れば知るほど、あなたは大きな力を得ます。

thinky
thinky
大きな力って?

その大きな力とは、コントロールです。

あなたが自分の顧客について知れば知るほど、どういう人に来てもらいたいかを決めていけば決めていくほど、あなたは自分の院の集客をコントロールできるようになります。

定期的に、信頼のおける確立と頻度で、予測のできる見込み客集客ができる力、それらをコントロールできる力を手に入れることができます。

(この記事シリーズをしっかりと理解し、実践することであなたが得られるものはずばりこれです。上述のようなコントロール力が身につけられたら、院の経営は楽しくなると思いませんか?)

 

安定した治療院経営をしていく為に多くの先生が見落としているのがまさにここ、患者への深い理解なのです。

彼らが治療院に来る本当の理由、あなたは言うことができますか?

「痛みを取る為?」

それは、彼らが本当に欲しいものではありません。

thinky
thinky
ちがうの?!

違います。それは「本当に欲しいもの」を得るために必要なものですが、欲しいものそのものじゃないんです。

ただし、この話は長くなるので、ここではこれ以上しません。気になる方は下記の動画講座を参照してください。

 

あなたの集客は理想の患者にとって「ノイズ」か、「福音」か?

今回の記事では「量と質」という話をしていますが、あなたの院の集客においてもこれは言えることです。

あなたの治療院が集客をする際に伝えているメッセージの質について考えたことはありますか?

あなたが目指さなければならないのは、そのメッセージをあなたの理想の患者さんが見た時にすべき反応が「え、その治療院ってどこにあるの?」というところです。

それまでやっていたことを止めて、「どこにあるのかを今すぐ調べたくなるような衝動」を与えるようなメッセージでなくてはなりません。とすると、

「当院に来ると痛みがなくなりますよ」

というのは治療院としては当たり前すぎて使えないのです。

あなたは患者さんにとって、「来るのを首を長くして待ちわびた客」にならなければなりません。

「あなたのような人が来ることを待っていた!!」

そう言ってもらえるようにならないといけません。

あなたは今そう言ってもらえると思いますか?

 

次回の記事ではこの内容について深く切り込んでいきたいと思います。

 

事業発展の為の情報を伝える「Business Development Academy」
営業時間:9時から21時(火曜日定休)
〒985-0026 宮城県塩釜市旭町17-7-206
090-6686-4443

地域の人を集めるブログ作成の為のチェックリスト(無料)
地域の人を集めたいお店の為の「お店のウリの力」の為のチェックリスト(無料)
自費治療を増やしたい治療院の為の集客講座(記事)
サービス一覧
お客様の声
お問合せ
・電話でのお問合せ 090-6686-4443

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です