教室集客

生徒が増えない、という時に読む本 ~集客をいくら学んでも結果が出ないなら~

【新刊のご案内】 集客について学んでも なかなか結果が出ない という時に 読む本

こんにちは! 鈴木貴之(@shiogamabtc)です。

今までこのブログで紹介してきたノウハウはテクニック的な部分を重要視していました。

なぜなら、カリスマではない普通の先生が読んでも実践できる内容として書いてきたからです。それはとりもなおさず、私自身がカリスマではないからです。

カリスマ性がある先生は、そこにいるだけで集客できます。

カリスマ性がない先生は、そこにいるだけでは集客できません。

だから、普通の先生は集客に対して考え、考え、そして考えて、その結果を行動に移していかなければなりません。

正直言ってかなり大変です。でも、大変だからこそ、そこを超えれば誰でも集客できるようになるのです。

もし知り合いや周りに「何もしなくても集まる教室」があるとしたら、それを真似してはいけません。なぜなら、そこと同じことをやっても生徒を集客できないからです。そのやり方には再現性はありません。

もちろん、「何もやっていないように見えて実はたくさん見えない所で動いている教室」はあります。そういうところの真似はドンドンしましょう。再現性があるからです。

 

ただ、たくさんのクライアントさんとお話をしていく中で気づいたのは、集客のテクニックだけでは車輪がひとつしかない自転車のようなもの、ということでした。

一輪車ではなく、あくまでも車輪がひとつしかない自転車です。これでは自転車に乗ることができません。車輪をひとつ外した自転車は一輪車ではないので走ることができません。

 

そこで、今回はもう一つの車輪に焦点を当てて電子書籍を執筆しました。それが、この「非常識な教室集客論」です。

正直言って、「こんなこと言っていいのかな?」と思うことも書きました。

中には他の書籍で少しお話したことも書いていますが、この本でだけお伝えしている内容もあります。

当ブログはテクニック的なところが多いのですが、本書とこのブログのノウハウを合わせることでより強力に生徒集客ができるようになるでしょう。

 

私の教室運営および教室集客指導7年間の集大成としての一冊。ぜひお読みいただけましたら幸いです(Amazonキンドルアンリミテッドの会員の方は無料でお読みいただけます)。

 

私が執筆した他の電子書籍はこちらでご確認いただけます。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です