教室集客

定員割れしているクラスがある時、定員いっぱいにするには何ができるか?

こんにちは! 鈴木貴之()です。

定員が5名なのに、2名とか3名しか通っていないということがあるということは教室を運営していると良くあることです。

thinky
thinky
それの何が問題なの?

教室の収入は「生徒数 x 月謝」で決まります。

すると、定員に空きがあるクラスというのは、その生徒さんの分本来あげられるべき売上が上がっていないということ。

だから、これをどう埋めていくかが大事になっていくのです。

ただ、もちろんそれが生徒さんの為になっていなければ退会につながりますので、そのあたりの調整は必要です。

レベルの高いクラスに初心者の生徒さんを入れると、元からいた生徒さんにとっては低いレベルのレッスンになりますし、新しい生徒さんにとってはレベルが高すぎるレッスンになります。

違うレベルの生徒さんであっても一つのクラスで教えられるような仕組みづくりが必要です。

それができると仮定して・・・ここでは定員割れのクラスを定員いっぱいにする方法をお伝えします。

まず結論から言うと、下記の3つを考えてみてください。

定員割れのクラスを定員いっぱいにする方法

1) どういう人がそのクラスに入るべきなのか?
2) その理由はなぜか?
3) なぜ「今」が良いタイミングなのか?

そしてこれをあなたの集客媒体で伝えるのです。

ホームページ・ブログ、ないしはチラシ、広告など・・・。

そうすることで集客できるようになります。

thinky
thinky
なぜそれらのことを伝えるのが大事なの?

自分が増やしたいからじゃなくて、誰にとってどんなメリットがいま入ることによってあるのか? を伝えられるからです。

新規生徒さんはあなたが欲しい結果をあなたに与える為に入会するのではありません。

新規生徒さんは、彼ら・彼女らが欲しい結果を得るために入会してくれます。

だから、それを伝えるのが大事なのです。

ひとつひとつの項目をもう少し詳しく説明しましょう。

 

1) どういう人がそのクラスに入るべきなのか?

初心者向けのクラスではなく、あえてなぜそのクラスに入るべきなのかを伝えましょう。

例えば、初心者ではなく他の教室に今通っているとしても、その教室に疑問を持っている可能性があります。

そういう時、そのことに共感し、それを解決するクラスとしてあなたが生徒さんを集めたいクラスを紹介しましょう。

見込生徒さんから見て、その理由が納得のいくものであれば、そこに入りたくなります。

クラスで空いているその隙間が、どんな人のどんなニーズを満たせるのかを考えてみましょう。

 

2) その理由はなぜか?

どんな人のニーズを満たせるかを考えたら、そのニーズを満たせると納得できる理由を考えてみましょう。

それを論理的に伝えるにはどうしたら良いかを考えるのです。

自分の教室の特徴、そのクラスの特徴を良く考えて、そしてそれを言葉にしてみましょう。

その上で、1)で導き出した「そのクラスをおススメしたい人」に対して、実際会ったとしたらどうおススメするのかを考えていくのです。

 

3) なぜ「今」が良いタイミングなのか?

そしてもう一つ重要なのが、タイミング。

タイミングを伝えることで、それがぴったり当てはまる人が来るようになります。

これがないと1)、2)の内容に納得がいっても、最後の一歩を踏み出してもらえないということがあるのです。

だから、1)の人が「なぜ今そのクラスに入らないといけないのか?」を考えてみましょう。

 

事例) 私の英会話教室で実践したこと

私の英会話教室に通ってくれていた高校生が今年の9月で退会することになりました。

中高生クラスは途中で退会が出ても、なかなか埋めることが難しいクラスです。途中から始めようという生徒さんがなかなかいないですし、来年4月に今の小学6年生が上がってくるので新しい生徒さんをできるだけ入れたくないのです。

とは言っても来年3月までの短期で英会話教室に通いたい。そんな人はいないだろうと最初は思いました。

でもそこでいろいろと考えた結果、それぞれ次のような仮説を立てました。

1) どういう人がそのクラスに入るべきなのか?

短期的に英会話力を向上させたい人。例として、

● 集中的に英会話力をつけたい人

● 大学の英文科に行く予定なので、もっと英語に慣れておきたい

● 留学に行きたいから英会話力を鍛えたい

● 留学に行ってきたので、英会話力が落ちないようにしたい

を挙げました。

2) その理由はなぜか?

英会話に特化したクラスなので、英会話力が向上する。

3) なぜ「今」が良いタイミングなのか?

来年4月から新しいことを始めるのにあと半年あればなんとかなる!

実際の記事はこちら → 来年(2019年)3月までの短期で学びたい中高生を募集中!

 

そしてその結果、「大学で英語を使うので半年で英会話がある程度できるようになりたい」という高校3年生が通ってくれることになりました。

予想が見事的中した瞬間でした!

 

もしあなたの教室でまだ埋まっていないクラスがあれば、この方法でぜひ考えてみてください。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です