教室集客

体験レッスンに来ても入会につながらない時、それほど深く悩まなくてもいい法則

タイミングによってサラダになるかゴミになるか変わる

こんにちは。鈴木貴之です。

「タイミング」とは、あなたの教室が見込み客にとって「サラダ」となるか「ゴミ」となるかの大きな違いとなります。

タイミングによってサラダになるかゴミになるか変わるタイミングによってサラダになるかゴミになるか変わる

 

もしあなたが一年中ずっと同じような集客の仕方をしている場合、あなたに来るべき生徒さんをたくさん逃しています。そして、その結果あなたがあげられるはずだった売上も同時に逃しています。詳しく説明しましょう。

 

教室集客においてタイミングを理解することはとても重要

ほとんどの教室では、集客が最も効果的に行える月とそうでない月に分かれています。集客が最も効果的に行える月とは、例えて言えば何もしなくても見込生徒があなたのことを自分から見つけ、そして連絡してくるような月のことです。

教室集客の多くの場合、それは1月、4月、9月である場合が多いのです。

1月は新年の目標を立て、それを達成するために行動を起こしやすいタイミングです。

4月は日本では新生活のタイミングになります。そのタイミングで新しいことを始めよう、ないしは始めさせたいと思う人もたくさんいます。

9月は、子供の学習系に多いのですが、夏休み後から習い事を始めさせようと思う保護者が多い為この時期も集客の良いタイミングとなっています。

 

教えているものによってタイミングに差がある

ただし、例えばダイエット系の内容を提供している教室(例えばダイエットの効果をウリにしているヨガ教室)の場合、9月はあまり良いタイミングではありません。

なぜだと思いますか?

そうです、女性がダイエットの効果を最も満喫できる(水着を着る)夏がすでに終わっているからです。

こういう内容の教室の場合、夏の前が最も効果的に集客できるタイミングとなります。

つまり、「魅力的な体型になって水着を着たい」と思っている一部の層にとって、その切り口から9月から冬にかけて集客をした場合、その内容は彼女たちにとってゴミと一緒という結果になります。

逆に、その切り口で夏前に集客をした場合、その同じメッセージはとたんに喜ばれるメッセージになるのです。

 

一般的な教室集客における見込生徒が体験を申し込むタイミング

教室での集客を考えた場合、体験レッスンに申し込まれる方のほとんどは、「通いたい・通わせたい」というタイミングで申し込んでくるのがほとんどです。

しかしながら、まれに「タイミングではなくても申し込んでくる」という方がいらっしゃいます。行動力があって、先のことを考えている方に多くこの現象が見られます。

行動力がある人はタイミングでなくても申し込んでくる行動力がある人はタイミングでなくても申し込んでくる

 

体験レッスン後にすぐに入会しなくても、不安に思わなくても良い理由

体験レッスン後にすぐに入会につながらないと、我々は先生という立場から「自分の教室の内容が気に入らなかったのだろうか?」と不安に思ってしまったりすることがあります。もちろん、「思ったものとは違った」や「自分とは合わない」と思い、つながらないこともあるでしょう。それは仕方がないことです(これも集客に慣れてくれば回避できるようになりますが、その内容はまた別の機会に)。

そういうのとは違った理由ですぐに入会しない場合、この「タイミングのずれ」が最も大きな原因であることが多いのです。そういう場合、タイミングが来れば入会してくれるケースがほとんどです。

タイミングのずれで入会しなかった人がそのタイミングが来た時にあなたの教室に入会しない場合、その理由は単純に「あなたのことを忘れているから」という可能性が高いです。

人は自分のタイミングで通い始める人は自分のタイミングで通い始める

 

 

体験後入会してもらえなかった時に先生ができること

あなたにとってあなたの教室は唯一無二の存在ですが、あなたと全く関係のない人たちにとって、よほどのことがない限りあなたの教室は多くの選択肢の中の一つです。だから、あなたは一度体験レッスンに来てくれた人に忘れられないようにしなければなりません。

その為のツールとして一番お勧めなのが、ニュースレターです。ニュースレターはコミュニケーションのツールなので、売込みはしません。だから受け取って悪い気がする人はあまりいないでしょう。

あわせて読みたい
ニュースレター活用法
お店の集客に効果的なニュースレター活用法01 ~業界でオンリーワンのお店になる為に~お店の集客に効果的なニュースレター活用法 ~業界でオンリーワンのお店になる為に~ 目次 前書きなぜこの電子書籍をつくったのか?...

また、もし「思ったものとは違った」や「自分と合わない」と思っている人にニュースレターを送ると、向こうから断ってきます。その場合は、「かしこまりました」と言って送付を辞めればいいのです。

ここでお伝えしたいことは、体験レッスン終了後にすぐに入らなかったとしても、「落ち込まなくていい」ということと、「すぐにニュースレターを送り始めてください」ということです。

それだけしっかりやれば、後は時間が解決してくれます。

 

ちなみに、私の教室では体験レッスン後すぐに入会する人の割合は66%程度、そしてフォローアップの後数ヶ月後に入会する人は33%程度です。

つまり、フォローアップをしっかりしていなったら、今いる生徒さんのうち3分の1はいなかったかもしれない、ということです。

「なんで入会につながらなかったのだろう」と悩むよりも、行動しましょう。

 

この記事のまとめ

1.自分の教室の「集客タイミング」をしっかりと見定め、人が動く時に集中して動こう(もし教室を始めたばかりの時はこのタイミングがはっきりとは見えないので、仮説を立てて動く)。

2.体験レッスン後、入会にすぐつながらなくても落ち込まなくていい。そんな暇があったら、すぐにニュースレターを送るという行動に移そう。

 

おまけ:5つの集客タイミングのヒント

1.季節
記事を参照。

2.クリスマス
自分の教室の内容をクリスマスプレゼントにできないか?

3.イベント
ニュース、地元のイベントなどとテーマを絡める。

4.見込み客がお金を持っている時
ボーナスの後など。「自分へのご褒美」

5.個人的なタイミング
誕生日、記念日など。

 

もしあなたが「ニュースレターと言われても、どう作ったらいいのか分らない」と悩まれているようでしたら、こちらのシリーズ記事を読んでみてください。

あわせて読みたい
ニュースレター活用法
お店の集客に効果的なニュースレター活用法01 ~業界でオンリーワンのお店になる為に~お店の集客に効果的なニュースレター活用法 ~業界でオンリーワンのお店になる為に~ 目次 前書きなぜこの電子書籍をつくったのか?...

もしくは、教室集客に特化した形で書かれた「教室集客の為のニュースレター活用法」はamazonのキンドルでもお買い求めいただけます。

ニュースレターを送る為には住所を知っていなければなりません。その為に体験レッスンに来た方からアンケートを取りましょう。自然にアンケートを取ることができるようになるアンケート用紙はこちらから。