教室集客

教室集客の為のブログ活用法13「ブログのアクセス数を増やす方法」

スクールを検索して調べる

前回の記事では、教室集客の為のブログ活用法12「ブログには、読み手が知りたいことを書こう!」という題で、どういう内容を書くことであなたがブログに時間を使うそもそもの目的に沿った結果を生み出していけるか、ということについてお伝えしました。

今回の記事では、テクニカルな内容になりますが、ブログのアクセス数を増やす方法についてお話ししたいと思います。

 

あなたの教室を知ってもらう為に

ここでまた、教室集客の為の3ステップの内容を見てみたいと思います。

1.理想のお客様に教室の存在を知ってもらう。
↓ ↓ ↓
2.理想のお客様に(体験レッスンの前に)自分のことを深く理解してもらう。
↓ ↓ ↓
3.体験レッスン時に「ここは私の為の教室だ」と実感してもらう。

この3ステップで最も重要なところはどこでしょうか?

そうです、「1.理想のお客様に教室の存在を知ってもらう。」です。

知ってもらうことが始まりです。逆に言えば、あなたの教室が知られていなければ、深く理解してもらうことも、体験レッスンに来てもらうこともできません。

あなたは、知らない商品を買うことができるでしょうか?

例えば、もしあなたが誰かとけんかをし、仲直りをしたいと思ったとします。その時に、挨拶に行くのに何か手土産でもと思ったとします。

その時ありきたりの商品ではつまらないと言って、色々と探しますが、気の利いたものが見つからなかったら、いつも購入している無難なものを買うしかないでしょう。

切腹最中」のような商品が世の中にあったとしても、そしてそれがいかに多くの謝りに行く人をサポートしていたとしても、その存在を知らない人がそれを買うことはできないのです(面白い商品ですのでぜひリンクを見てみてください)。

そう考えると、あなたのブログにアクセスを集めるということは、他の言い方をすればあなたの教室のことをより多くの人に知ってもらうということだということが分かります。

 

ネットで知ってもらうということ

もしあなたがブログを開設しているのに、体験レッスンへ来てもらうという結果につながっていないとしたら、それはアクセス数が足りないということを示しています。

もっと言えば、あなたの生徒さんになりうる方からのアクセスがないということです。

あなたの生徒さんになりえない人にブログに訪問してもらう必要はありません。あくまでも必要なのは、あなたの生徒さんになりえる人(もしくはその人に近しい人)に知ってもらうことです。

例えば、私の英会話スクールの場合、「塩釜で英会話スクールを探している人」というのがまず一番大きな候補です。

次に考えられるのは、私のスクールは子供向けがメインですので、「地域に住んでいる幼稚園・小学校にお子様を通わせている方」です。

この二つのグループの人に、教室を知ってもらう為にはどうしたら良いのでしょうか?

 

見込生徒は普段どんなことを検索しているのか?

ネットに関して言えば、このようなグループの人たちに知ってもらう方法があります。

まず「塩釜で英会話スクールを探している人」について考えてみましょう。

彼らがネットで探そうと思ったら、YahooやGoogleのような検索エンジンで「塩釜 英会話スクール」などと入れて検索するでしょう。

スクールを検索して調べるスクールを検索して調べる

 

その際、検索結果に上位表示されていれば、そのキーワードで探している人の目に触れ、クリックされる確率は上がるでしょう。

その結果、あなたのブログに訪れ、そこで初めて3ステップの「2.理想のお客様に(体験レッスンの前に)自分のことを深く理解してもらう」に移行することができます。

では、「地域に住んでいる幼稚園・小学校にお子様を通わせている方」という場合はどうでしょうか?

こちらの方は前述のグループほど簡単ではありません。

しかしながら、この人たちが何を考えているのか考えてみれば良いのです。もっと言えば、このグループの人たちがどのような検索キーワードを使って検索しているかを知ることができれば良いのです。

とは言っても、頭の中をのぞくことはできませんので、想像していきます。

例えば、このグループで3歳のお子様がいる場合、翌年の幼稚園入園に向けて、どの幼稚園に通わせようかいろいろと情報収集をするでしょう。

もちろん、雑誌や知り合いからも情報を仕入れるでしょう。しかし同時に、ネットで自分で調べるという人も多いと思います。

その際に、「幼稚園名」のキーワードで、あなたが検索結果に上位表示されているとしたら・・・・・・探しているものが違うのですぐには動かないでしょうか、あなたの教室を知ってもらうことはできます。

そしてブログが面白かったり、為になれば、読者になってくれるかもしれません。

そこが、入り口なのです。

ネットの面白いところは、チラシや広告のように「今すぐ行動したい」人を集められるという利点もありながら、「今は動かないが将来検討したい」と言う人も集めることができるところです。

この2タイプの人を同時に集めていくことが、集客において大きな重要なポイントとなっていくのです。

ぜひ、あなたも時間を取って「将来の見込生徒さんがどのような言葉で検索しているか?」をじっくりと考えてみてください。そしてそれを元にブログの記事を増やしてみてください。

あなたのブログはさらに集客できるブログになるでしょう(最近も私の英会話スクールのブログを半年前からチェックしながら、6ヶ月後にご連絡を頂いた方がいました。もちろん体験レッスン後ご入会いただきました)。

【PR】 アクセスを集める記事の書き方のより詳しい情報、ステップバイステップの書き方に関してはこちらの動画講座をご視聴ください。

 

この記事を持ちまして、「生徒集客の為のブログ活用法」のシリーズは終了となります。このシリーズ記事を読んでいただき誠にありがとうございました。

内容が少しでもお役に立てば幸いです。

もしよろしければ感想をコメントいただけましたらうれしいです!(コメント欄はこの記事の下の方にあります)