教室集客

教室集客の為のブログ活用法05「アクセス記事の重要性」

前回の記事「教室集客の為のブログ活用法04「ブログの最重要記事とは?」では、個人教室の先生がブログを生徒集客に活用する時に忘れてはならない重要な記事についてお話をしました。

今回の記事は、この最重要記事を書いた上で必要なアクセス記事についてお伝えしていきたいと思います。

 

アクセス記事が必要な人・不要な人

もし、あなたの教室が地域の人であればだれでも知っているような立地にある場合、アクセス記事はそれほど重要ではないでしょう。

例えば、地域の有名なショッピングセンターの中にあるというのであれば、そのショッピングセンターの名前と大体どこにあるかを伝えれば、十分です。

また、あなたの教室が地域で有名なランドマークの周辺にあり、そこに行けばあなたの教室の大きな看板があったり、のぼりがあってすぐわかる場合も、「○○○のすぐ近くです!」と言うだけで足りるでしょう。

しかしながら、個人の先生がそのような好立地に教室を持っていることは稀です。

大体は、住宅街であったり、良く説明しないと分からないような場所に立っていることが多いでしょう。

もし、あなたの教室が後者のような立地にあるのであれば、ブログにアクセス記事を作成しましょう。

アクセス記事は顧客だけではなく先生も助けるアクセス記事は顧客だけではなく先生も助ける

 

なぜアクセス記事が重要なのか?

ではなぜ、そもそもアクセス記事は重要なのでしょうか?

まず第一に、あなたの潜在的な生徒さんは「教室が通える場所にあるかどうか」を気にします。

通えない場所にある教室であれば、そもそも通わせることが不可能なので、検討から外れてしまいます。

このように書くと、「だったらとりあえず連絡してもらって、体験レッスンに来てから決めてもらえばいいじゃないか」と言う人がいます。それはそれで正しい考えです。

しかしながら、そういう方に連絡をしてもらって、体験レッスンに来ていただいても、そこから入会につながる可能性は低いです。また、多少の無理をして始めたとしても、通うのに無理をしているのであればいずれ退会してしまうでしょう。そうなると残るのはあなたに対する負の感情です。

私は一度通ってくれた生徒さんとはなるべく長く付き合いたいと考えていますし、そうすべきだとも考えています。特に生徒さんが子供の場合、教室を変えるのは案外負担が大きいものです。先生との信頼関係を最初から築き直さないといけないからです。

個人の教室の良いところは、先生がいつも同じだということです。その為生徒との信頼関係が育まれやすいのです。それがメリットなのに、無理をさせて退会となったら子供の為になりません。

また、私はアクセス記事があることでお問合せの数が増えると考えています。

あなたの教室への行き方が分からないことで、そもそも連絡を止めてしまうケースがあるからです。どうやって行けばいいかわからないので、例えば連絡フォームに内容を記入している最中だったとしても、ブラウザを閉じてしまうことがあるのです。

分らない、ということがどれほど怖いことで、それが行動をストップさせてしまう原因になるか。全員ではないとしても、数割の方はそれで次のステップに行けなくなってしまいます。それは、あなたにとっては生徒さんと出会う機会の損失、生徒さんにとってはあなたと出会い新しい自分に出会える機会の損失です。それは双方にとっての大きな痛手です。

次に、アクセス記事があると先生の時間を節約できるからです。

あなたの教室が分かりにくいところにあればあるほど、それを土地勘のない人に伝えるのはとても大変です。また、教室自体は分かりやすい場所にあっても、駐車場が口では伝えにくい場所にあるということもあるでしょう(私の教室はこちらに当てはまります)。

こういう時に、口頭で伝えるというのは本当に骨が折れますし、時間もかかってしまいます(私は何度も経験しています)。

もしアクセス記事があれば、見込生徒さんがあなたのブログを経由して電話をしてきたり、ネット経由で連絡を取ってきてくれている場合は、「ブログのこの記事を見て下さい」と言えば済んでしまいます。

実際、私のところに体験レッスンのご連絡をしてくださった生徒さんの親御さんも、大体がこの記事を見るだけでお越し頂けることができています。

もちろん、「もしその記事を見ても分からなければお気軽いご連絡下さい」と言うことによって、親切度は上がります。でもきちんとアクセス記事を書いておけば、たいていはそれを見ることで何とかなるものです。

 

アクセス記事の作り方

では、基本的なアクセス記事の作り方です。

基本的にはこの流れで作ります。

1.地図

2.写真で案内

3.地図をもう一回

4.「ご不明な場合は123-456-7890(電話番号)にご連絡下さい」と入れる。

これだけです。

地図ですが、下記のサービスを利用して作成すれば500円でできてしまいます。

ココナラ:手書地図からイラストレーターで簡易地図を作ります

アクセス記事、頑張って作成してくださいね。^^

次の記事:教室集客の為のブログ活用法06「生徒さんの感想を集めよう!」