集客は集めるから集まるの時代へ

結果を求めない集客は、ギャンブルと一緒【自費治療を増やしたい治療院の為の集客講座 自費治療を増やしたい治療院の為の集客講座01】

こんにちは! 鈴木貴之です。

「自費治療を増やしたい治療院の為の集客講座」へようこそ!

この記事から始まるシリーズ記事では、「今まで人を直す技術は磨いてきたが集客の技術に関しては全く分からないという人」が記事に沿って考えていくことで、「自然と集客についての知識がつい行く」ことを目的として執筆していきます。

その第一回目となる今回の記事では、「今までの集客に対する考え方とこれからこの記事で伝えていく集客の考え方の違い」についてお話をしていこうと思います。

 

thinky
thinky
おい、そろそろオレを紹介してくれよな!

おっと。紹介が遅くなりましたが、相棒のthinkyです。私と彼で一緒に当ブログ「Business Development Academy」のコンテンツを作っていきます。

thinky
thinky
よろしくね!

 

 

私が自身の経験、そしてコンサルティングの提供を通して得た経験から言えること

thinky
thinky
コンサルティングもしているんだ?

私は自分の英会話教室を運営しています。

開業当初は苦労しましたが、おかげさまで2年で新規入会を一部断らざるを得ないくらい生徒さんに来ていただくことができました。5期目の現在では空きが1枠のみ。ウェイティングリストには14名の方に待っていただいています。

そしてそのノウハウを他の教室の先生にも伝えています。

そして、結果もたくさん出てくるようになりました。

詳しくはこちらをご確認下さい。

thinky
thinky
へ~~。こんなにたくさんの先生にお礼を言われているんだ。

ありがたいことにね。

そして、教室の先生だけではなく、最近では治療院の経営者からも集客相談を多く受けるようになってきました。

教室も治療院も基本的には地域の人を自分のところに集める集客スキルが必要です。だから、それらの間に隔たりがあまりなかったのが良かったのかもしれません。

そちらの方でも結果が出て、感謝されるようになってきました。

でも・・・。

thinky
thinky
でも?

これらの経験の中で、気づいたことがあります。

そしてそれは、よく言われている集客ノウハウとは全く違ったものだったのです。

その気づきをいくつか紹介しますね。

 

● とても素晴らしい商品や最高のサービスを売っているのに、儲からない

● セールスはとてもうまいのに、儲からない

● ポジティブシンキングばかりしているのに、儲からない。

● お店に来たら必ず何かを買ってもらえるのに、儲からない。

 

thinky
thinky
え? 本当にこんなことって、あるの?

あります。これ、嘘のようで本当の話です。

集客、もっと言えばマーケティング部分での仕組みづくりができていないお店は、いくらとびぬけたものを持っていたとしても、儲からないのです。

thinky
thinky
ちょっと待ってよ! とっても良い商品があれば、サービスを提供していれば、お客さんって来てくれるんじゃないの?

もちろん、それでうまくいく人はいるでしょう。でも問題は、うまくいかない人もいるということ。しかもそういう人はたくさんいるのです。

私は「良いサービスさえ提供していればいずれ必ずお客様は気づいてくれる」と信じ切って、そして結局はその考えを変えられず、結果教室を畳まなければならなくなった先生を知っています。

また、「ポジティブに考えていれば必ずお客様は来る!」と言って、考えるだけで何もしなかった人の治療院の前には、今はシャッターが下りています。

そう、あなたが必要なのは、定期的にそして効率的に理想的なお客様を必要なだけあなたのお店に連れてきてくれる仕組みなのです。それがなければ、一生「次のお客様はどこから来てくれるんだろう?」と不安な気持ちを持ったまま生きていかなければなりません。

 

私自身、以前は「優れた英語教育をしていれば、自分の教室にお客様は雪崩を打って集まってくるだろう」と考えていました。

今から思うと、バカだったのです。

でも、「自分はバカだ」と早い段階で気が付くことができました。

そして、「集客の仕組み」の大切さを学び、それを作り上げていくことに労力と時間をかけるようになっていったのです。

thinky
thinky
その結果が、「2年で新規入会を断らざるを得ないくらいに集客できた」ということなんだね。

 

私が犯した間違い:広告媒体から考えてしまった

私が犯してしまった最も大きな間違いは何かというと、広告媒体から入ってしまったこと。

深く考えずに、広告を出せば生徒は集まると思ってしまったのが失敗でした。

開業したての生徒がおらずお金がないという中、数万円もかけてフリーペーパーに広告を出したのです。

thinky
thinky
その結果は・・・(顔を隠す)?

もちろん、誰からも連絡が来なかった。

thinky
thinky
悲惨・・・。

向こうから声を掛けてきたことは何度かありました。その都度チャレンジしてみましたが、ほとんど意味がなかったのです。

 

なぜこういうことが起こるのか?

私は考えました。そしてある結論に至ったのです。

自分が集客を行う仕組みの中で、特定の見込み客に伝えたいメッセージを届ける為の媒体として広告媒体を選ぶことが必要だったのに、最初に広告媒体ありきで選んだことが失敗だったのだと気づいたのです。

そしてこれは私だけではなく、実に多くの治療院の経営者が同じ間違いをしていることに気が付きました。

効果が分からないのに大金を突っ込む。そして、当たるも八卦当たらぬも八卦となれば、それはギャンブルです。

事業はギャンブルであってはいけないのです!

だから、私は決めました。

ギャンブルじゃない集客をしようと。

では、ギャンブルじゃない集客とは何かと考えた時に出てきたのが、結果を追い求める集客として出てきたのが、ダイレクトマーケティングの考え方だったのです。

(続く)

 

追伸 ダイレクトマーケティングについて詳しく知りたい場合は、下記の書籍が参考になります。

created by Rinker
¥4,200
(2018/10/19 14:10:00時点 Amazon調べ-詳細)

どれも参考になる書籍です。

 

次の記事はこちらから。

治療院の先生が広告を出しても反応がない理由とその解決策【自費治療を増やしたい治療院の為の集客講座02】こんにちは! 鈴木貴之です。 前回の記事では、 あなたが必要なのは、定期的にそして効率的に理想的なお客様を必要なだけあなたの...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です