教室集客

儲かる教室になる為に必要な4つのもの ~あなたはこれらをすべて持ていますか?~

広告にあふれている夜の街

こんにちは! 鈴木貴之です。

当たり前のことですが、世の中には流行っている教室とそうでない教室があります。

その違いは何だろうと思った時に、一番最初に思い浮かぶのは先生である自分自身かもしれません。

ご自身のスキルを高めるのはもちろん必要です。

しかし、今回ここでお話したいこととは違います。

ここでお話したいのは、「儲かる教室になる為に必要な4つのもの」です。

流行っている教室であればあるほど、これらの「4つのもの」をより多く持っています。

この記事では、その「4つのもの」について詳しくお話をしたいと思います。

thinky
thinky
でも、”儲かる”ってどうなの? 教室として・・・。

うん。そう思う先生もいると思います。

それについてはこちらの記事で詳しくお話しているので、ぜひ参照して下さい。

生徒集客は生徒さんにとってもプラス
先生が豊かになれば、地域が豊かになる。こんにちは! 鈴木貴之です。 この記事では、私がどういう考えをもとに「教室集客・生徒集客」に役立つ記事を書いているのかというお話を...

 

儲かっている教室が持っている4つのもの

それでは早速「4つのもの」を見ていきましょう。

1)あなたが教えているものを学びたいという人達

あなたが教室運営でお金を稼ぎたいと思うのであれば、まず最も大事なのがこれです。

あなたの教室に通える市場にどれだけ「あなたが教えているものを学びたいという人」がいるかどうかというのは、集客難易度のみならず、あなたがその仕事を続けていけるかどうかの大切な判断基準です。

学びたいという人がいないところで教室を開いたとしても、その先にあるのは苦労だけです。

はっきり言うと、教室集客とは「学びたいという人をいかに発見するか?」ないしは「今はそう思っていなくても、学びたいと思ってもらえるような人を発見するか?」の二つしかありません。

そして教室集客という観点からカンタンなのは、言うまでもなく前者です。今すでに学びたいと思っている人に教室のことを伝えるのが一番可能性があるのです。

だから、教室をオープンする前に良く考えましょう。

「この地域の人、商圏の人は私がもらいたいと思うお金を払ってまでこれを学びたいと思うだろうか?」

答えがYESであれば、集客はカンタンになります。

NOであれば・・・考え直すか、これからお話する「3番目のもの」を持つことを考えましょう。

 

多くの集客が苦手な先生が誤解をしているのですが、教室に来るのは「あなたが教えているものが好きな人」だけではありません。

こういう人だけを集めようとすると、必ず集客に苦労します。

なぜなら、そもそも数が少ないからです。

ある程度習いたいと思う人がいるような内容の教室であればいいのですが、そうでない場合も多いと思います。

そういう時に「そもそもそれがもともと好きな人」だけを集めようと思うと途端に生徒集客の難易度があがります。

thinky
thinky
じゃあどうしたらいいのさ?

方法はあります。

それは、あなたの見込生徒さんのことをよく理解して、彼ら・彼女らが欲しいものを「教室で(あなたが教えているものを)学ぶ」ことで得られると伝えるのです。

そうすることで、市場が大きく広がります。

例えば、ヨガ教室を例にします。

ヨガ教室にヨガが好きな人だけを集めようとすると、集客が難しくなります。

でも、「ヨガ教室に通うことで効果のあるメリット」を売ると、集客がより易しくなります。

thinky
thinky
なんで?

なぜなら、例えば「ヨガ教室に通うことで効果のあるメリット」が体を動かすことでより健康になれます、というのであれば、「ヨガが好きという人」よりも「健康になりたい人」の方が多いからです。

あとは、見込生徒さんのことを深く理解していき、「健康になりたい人」がなぜヨガ教室に通うという選択をすべきなのかを教えてあげればいいのです。

2)1)の人たちに到達できるメディア

これ、とても大切です。

なぜなら、あなたが教室がオープンしたとしても、「あなたの教室に通いたいという人」があなたの教室の存在を知らなければ、絶対に教室に通うことができないからです。

教室集客の3ステップ
教室集客・生徒集客の仕組みを作るの為の3ステップこんにちは! 鈴木貴之(@takahanalee)です。 教室集客・生徒集客について調べていくと、いろいろな人がいろいろなことを言...
thinky
thinky
う・・・言われてみれば当然だね。知らない教室には連絡しようがないし、行けない。

だから、1)のところであなたが考えた「あなたの教室に通うことでハッピーになれる人」にいかに教室の存在を伝えられるかが重要です。

そして、もしそもそも「検索」する人が少ない人を対象とする教室を開業する、ないしは運営しているとしたら、ホームページやブログは使えません。

検索しないから、いくら頑張ってサイトを作っても反応がないからです。

そういう場合は広告やチラシを活用していくのですが、そういう媒体が商圏にあるかどうか。あるとしたら、手ごろな価格で活用できるか。

オープン前であればそのあたりを調べてみましょう。

とは言っても、ホームページ・ブログが有益な媒体であることも事実です(特に検索する人がいる場合は)。教室集客の為のブログ活用を学びたい方は下記の動画講座をおススメします。

地域の人を集めたいお店・飲食店・教室・個人事業主の為のブログ集客講座

3)2)の媒体で伝える為の集客用コンテンツ

生徒集客をしていく上でなくてはならないもののひとつに挙げられるのがコンテンツです。

しかもただのコンテンツではなく、集客の為のコンテンツ。

言ってしまえば、見込生徒さんはこのように考えています。

「なぜ私は、他にもいろいろな選択肢がある中であなたの教室に通わないといけないの?」

ないしは、

「行かないという選択肢もあるのに、なぜあなたの教室に通わないといけないの?」

この答えをあなたは持っていますか? これが集客用コンテンツです。

(コンテンツの作り方は下記の記事を参照して下さい)

素材を集める
見込生徒が思わず電話に手を伸ばしてしまう集客の為の文章をつくる3つのポイントこんにちは! 鈴木貴之です。 当協会の電子テキストの中でも高評価を頂いているものの一つに、教室集客の為のブログ活用法があります。こ...

(よくある間違いについてはこちら)

個人の先生が書いてしまう文章作成の間違い3選こんにちは! 鈴木貴之です。 インターネットからの集客、うまくいっていますか? 一生懸命ブログ記事を書いても集客できない。そ...

こういうコンテンツを作る努力をせずにいきなりチラシを撒いたり広告を出す。ないしはホームページやブログを作ると反応がないものができてしまいます。

周りをよく見てください。

世の中はたくさんの広告であふれています。

広告にあふれている夜の街

その中で、あなたの目をとめるものはあるでしょうか? ほとんどないと思います。

でももしあったとしたら・・・?

その理由は何でしょうか?

それを考えることがあなたの生徒集客用のコンテンツを作ることに役立ちます。

4)新規顧客を集め、フォローし、既存客をつなぎとめる為の仕組み

「儲かる教室になる為に必要な4つのもの」の最後にお伝えしたいのは、仕組みがあるかどうかです。

最後だからと言って一番必要ないかと言うとそうではありません。

これらの「4つのもの」はすべてあって最も効果の出るものです。

1)、2)、3)は最後にこの4)があるからこそ最大限の効果を表すことができるのです。

仕組みがあるかないかは教室集客で継続して結果を出せるかどうかに直接的につながります。

教室集客の仕組みを持っているか?

もしまだないというのであれば、今すぐに作りましょう。

 

 

今回の記事では「儲かる教室になる為に必要な4つのもの」をお伝えしてきました。

もしこの中で持っていないものがひとつでもあれば、すぐにそれを持てるように行動しましょう。

そして4つすべてそろった時、あなたはその効果にびっくりするでしょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です